MENU

エアコンの安い時期はモデルチェンジの前後|買ってはいけない時期もある       

エアコンを買い換えるなら、少しでもお得に買いたいですよね。

エアコンは時期によって、大幅に価格が変わります。

安く購入できるタイミングは、新型モデルが発売されるモデルチェンジの時期と、家電量販店の決算時期です。

決算の時期はともかく、なぜモデルチェンジの時期に安くなるのか。

具体的に何月に購入すればお得なのか。

その理由と、エアコンを買い換えるタイミングのポイントや、購入してはいけない時期を説明しますので、最後まで確認してくださいね。

目次

エアコンの買い時!モデルチェンジ前後が安い2つの理由

エアコンはモデルチェンジの前後に、旧モデル(モデルチェンジ前は現行モデル)がセール価格になります。

なぜ旧モデルのエアコンがモデルチェンジの前後に値下がりするのか、大きな理由を2つ説明します。

 新型モデルの入荷前に売り切りたい

家電量販店は新型モデルを入荷する前に、現行モデルの在庫を減らしたいと考えています。

店舗や倉庫には場所に限りがあるので、現行モデルが場所を占領していると、新型モデルの仕入れができないからです。

展示や保管する場所があくなら、現行モデルは赤字にならない程度で売れればよいという経営判断でしょう。

 型落ちモデルを処分したい(新型モデル発売後)

新型モデルのエアコンが入荷したあとは、現行モデルは型落ちの旧モデルになります。

新型のモデルは値引きをしなくても売れるので、早く旧モデルをなくして、どんどん在庫をかかえたいはずです。

旧モデルのエアコンは新型エアコンが入荷される前の、現行モデルであったときより、さらに値引きされるでしょう。俗にいう叩き売り状態です。

【エアコン各社】モデルチェンジの時期

モデルチェンジは、メーカーにかかわらず、同じ時期に行われることが多いです。

例外はあれど、毎年この時期に新型モデルが発売されているので、しばらくの間は変わることがないでしょう。

旧モデルが安くなるこの時期に買い替えるつもりで、購入資金を準備してはいかがでしょうか。

新型モデルの発売時期モデル(グレード)
9〜10月高性能モデル
1〜2月標準モデル

ヤマダ電機やケーズデンキなど量販店でエアコンが安い時

ヤマダ電機やケーズデンキなどの家電量販店は、年に何度かエアコンのセールをします。

とくに安いのが決算セールです。

決算月はどの家電量販店も、他店に対抗して値引き合戦になります。

最安値宣言をしている店舗も多いので、しっかり調査をして、値切り交渉すれば驚くほど安く買えることもありますよ。

決算月家電量販店
3月ヤマダ電機・ケーズデンキ・ヨドバシカメラ・コジマ・エディオン・ジョーシン
8月ビックカメラ
2月ベスト電器

エアコンの買い替える時期を見極めるポイント

最近のエアコンは使えなくなるほど壊れることは、あまりありません

動いているのにもったいないからと、買い替えをためらいますよね。

そこで買い替える時期を見極めるポイントについてお伝えします。

    エアコンの購入時期

エアコンの寿命は10年程度といわれています。

また各メーカーが定めた、部品の保有期間がおよそ10年です。

したがって製造から10年以上経過しているエアコンは、修理が必要になっても、部品を調達できない可能性があります。

壊れてから買い替えても、繁忙シーズンの場合、すぐに設置をしてもらえません。

製造から10年以上たっているエアコンは、壊れる前に買い替えましょう。

   エアコンの効き具合や異音

「最近、エアコンの効きが悪くなってきた」「きいきいと異音が聞こえる」このような症状がでたら買い替えのサインかもしれません。

フィルターの掃除をしても、効きが悪いならエアコン本体に原因があります。

異音が聞こえるのは内部の故障、もしくは虫が入り込んでいる可能性も。

購入してすぐなら、修理を依頼しましょう。

7年以上たっているなら、買い替えをオススメします。

エアコンは購入後、7年くらいから故障が発生しやすいためです。

修理をしても、また別の箇所が壊れるかもしれません。

7年前とくらべて、今のエアコンは省エネの技術が向上しているので、電気代は安くなりますよ。

買い替える価値は十分あります。

  エアコンを買ってはいけない時期とは

1年の中で、エアコンの購入を避けた方がよい時期もあります。それは6月と7月。

6月と7月はエアコンを購入する人が多いため、納期が遅れや、設置工事を待たされる可能性が高いです。

エアコンがよく売れる時期ということもあり、エアコン本体も安くはありません。

8月も混み合いますが、後半には高性能モデルの値下げがはじまります。

ビックカメラの決算月も8月です。

多少待たされたとしても、買う価値はあるでしょう。

よって、エアコンを買ってはいけない時期は6月と7月です。

   エアコンは安い時期を狙ってお得に買い替えよう

同じエアコンでも、時期によって価格が変わります。

同じものに高いお金を払うのはいやですよね?

モデルチェンジや決算の時期は、エアコンが安くなるので、買い替えのチャンスです。

古いエアコンも、この機会に買い替えを検討してはいかがでしょうか?

新しいエアコンにすると、電気代が半分になるケースもあります。

安く購入できる時期を把握し、お得にエアコンを手に入れましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

某家電メーカーの開発職だったるーです。
ここでは配属されていたエアコンに関して解説していきます。
「メーカーの中の人」ならではのお話もできると思うので、ぜひお気軽にお問合せください!

目次
閉じる