MENU

エアコンのタイマー機能で電気代を節約!つけっぱなしがいい場合も【暖房・冷房・除湿】

エアコンのタイマー機能で電気代を節約!つけっぱなしがいい場合も【暖房・冷房・除湿】

エアコンについているタイマー機能の正しい使い方をご存知でしょうか?

エアコンのタイマーは、とても便利な機能です。

上手に活用すると、電気代の節約にもつながります。

しかし間違った使い方をしてしまうと、つけっぱなしより電気代が上がることも。

今回はエアコンのターマー機能について解説します。

タイマーの基本機能から、電気代が節約できるかしこい使い方までお伝えしますので、最後まで確認してくださいね。

目次

エアコンのタイマー機能にできること

エアコンのタイマー機能にできること

エアコンのタイマー機能を解説します。

ここでは一般的なエアコンを例にしていますので、詳しくはお持ちのエアコンに付属している、取扱説明書をご覧ください。

※エアコンのタイマー機能は機種によって、種類や操作方法が異なります。

切・入タイマー

運転の停止・開始をセットできます。

タイマー予約は時刻で設定するタイプと、経過時間を設定するタイプの2種類。

どちらの方法か選択できる機種もあります。

切タイマー

30分、もしくは1時間単位で設定できます。

機種によって最長時間は異なりますが、9時間ほどです。

入タイマー

30分、もしくは1時間単位で設定できます。

機種によって最長時間は異なりますが、12時間ほどです。

気軽に設定できるので、もっとも使う機能ですね。

プログラムタイマー

運転開始から停止までの時刻をセットできます。

24時間以内で、10分単位で設定が可能です。

少し設定に手間がかかるものの、電気代節約には役に立ちます。

おやすみタイマー

設定した時間や、経過した時間のあとに運転を停止。

運転中は睡眠を妨害しないよう、運転音を下げる機種もあります。

タイマーは30分、もしくは1時間単位で設定できます。

寝る前にはぜひ活用したいタイマーです。

毎日予約タイマー

一度セットすれば、毎日同じ時間に運転、停止を行います。

手間がかからず、生活リズムが整いやすいでしょう。

エアコンのタイマー機能を使い電気代を節約する方法

エアコンのタイマー機能を使い電気代を節約する方法

エアコンのタイマー機能を活用し、電気代を節約しましょう。

電気代を節約するには、必要なときだけつけるのがポイントです。

予定の3時間後に切タイマーをセット

就寝後、3時間で切れるようにタイマーをセットしましょう。

平均的な睡眠周期は90分で周期といわれています。

3時間だと2周期です。

このあいだエアコンを使用し、深い睡眠を確保することで、良質な睡眠が安定的にとれます。

起床予定の1時間前に入タイマーセット

夏は朝起きたら、汗だく。冬は寒すぎて起きられない。

このような場合は起きる1時間前にタイマーをセットし、エアコンの運転を開始しましょう。

就寝中にかいた汗を乾かしたり、部屋を温めておくと、気持ちよく起床できます。

規則正しい生活なら決まった時間にセットしよう

毎日同じ時間に寝て、起きるなら、毎日予約タイマーがオススメです。

毎回セットする必要がなくなり、規則正しい生活の目安にもなります。

エアコンをつけっぱなしにする方が電気代が安くなるケース

エアコンをつけっぱなしにする方が電気代が安くなるケース

エアコンをつけっぱなしにした方が電気代が安くなることも。

理由はエアコンの電源をつけた時に、消費する電力が大きいからといわれており、室内の温度と設定温度に差があるほど、多くの電力を消費します。

エアコンをつけっぱなしにした方がよい例は次の3つ。

短時間のおでかけ

近所のスーパーやお子さまのお迎えなど、短時間の外出時はエアコンをつけっぱなしにしましょう。

帰宅してからのエアコンの始動時に、電力を多く消費してしまいます。

外の気温との差が大きい場合

外に気温と室温の差が大きいときは、エアコンはつけっぱなしにした方が賢明です。

室内の温度が外の気温に近づくと、あらためて室内を設定温度にするために電力を多く消費します。

【真夏・真冬】こまめなオンオフが予想されるとき

昨今の真夏や真冬は、エアコンなしでは厳しいです。

「適温になったから」とエアコンを消しても、すぐにつける羽目になるでしょう。

こまめなオン・オフはエアコンに負担をかけ、電力も多く消費します。

エアコンの電気代を計算する方法|消費電力×電力単価

エアコンの電気代を計算する方法|消費電力×電力単価

エアコンの電気代を計算する方法についてお伝えします。

電気代の計算方法

消費電力(kW)×電気代の単価(円)=1時間の電気代

冷房の消費電力は1時間あたり約0.6kW。

0.6kW×21円=1時間の電気代12.6円です。

暖房の消費電力は1時間あたり約0.47kW。

0.47kW×21円=1時間の電気代9.87円です。

 1時間あたりの消費電力1時間あたりの電気代
冷房機能0.6kW12.6円
暖房機能0.47kW9.87円

ただし消費電力は機種によって違います。

電気代の単価21円は関西電力の家庭用プラン、従量電灯B、第1段階〜第3段階までの平均金額です。

参考関西電力 主な電気料金単価表

エアコンのタイマーを上手に使い電気代を節約しよう

エアコンのタイマーを上手に使い電気代を節約しよう

エアコンの電気代は生活費の中でも高額な部類です。

しかし電気代を節約したいからといって、エアコンを消してしまうと体調を崩しかねません。

真夏は熱中症にも注意が必要です。

ムリなくエアコンの電気代を節約するために、タイマー機能を上手に使いましょう。

送風機能とあわせて使えばさらに節電効果が期待できます。

まずは就寝・起床時のタイマー設定からはじめて、節電を実践しましょう。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる