食費を削る節約方法|コストを抑える私なりのやり方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私が学生でアルバイト生活していた時の節約術です。

私が大学生の頃は一人暮らしをしていました。

親からの仕送りは家賃代のみで、光熱費や通信費などは自分で稼ぐしかありませんでした。

しかし趣味が多い私は当時、娯楽費にお金を使っていたため、あまりお金は貯まっていませんでした。

そこで私は食費をどうにかするしかないと思ったのです。

そのころちょうど飲食店でアルバイトしていたので、賄いを頂いていました。

これで一食確保です。あとは、食べ物をよく噛む事で食事の時間を伸ばし、満腹中枢を刺激、少ない量で済ませる事を徹底しました。

外食や出来合いをあまり買わず、自分で調理するとコストが抑えられたりもします。

どうしてもお腹が空く時は、なにか集中する事によって間食や食べる時間をずらします。

私の場合、本を読み始めると集中して読みきってしまうタイプなので、だいたい3?4時間位は空腹を感じない時間が出来ます。

あとは食べないという選択。

健康管理上、あまりお勧めは出来ませんが、私は時折、食事が面倒と感じる事があり、その時は寝ます。

初期投資が少々必要となりますが、野菜を育てたり、釣りで魚を釣ったり、山菜を採りに行くなど、食料を自力で調達するのも手段です。

家でトマトなど植物を育てる事で精神衛生面に良く、魚を捌く事によって命の大切さも実感できると思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。