常備菜生活で1ヶ月の食費が6万円から2万円以内に!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私の友人C子が過去に一人暮らししていた際の節約術を紹介します。

まず、何にお金が掛かっているのかを見えるようにする為に家計簿を作成することから始めたそうです。

その家計簿を見てみると「食費」がダントツでお金が掛かっていることが判明。

確かに一人暮らしの場合、自炊ではなくコンビニ弁当などが多かったり、作ったとしても材料があまって腐らせてしまう事もあったりと、難しいですよね。

そこで、C子は格安の冷凍庫を購入したのです。

 

料理はもともと得意なC子でしたので、休みに材料をまとめて買い常備菜を作るようにして冷凍するようにしたそうです。

仕事が終わってから家に帰りご飯を作る気力がなく、コンビニ弁当や外食が多くなっていたのを自炊する事により、常備菜生活をする前の食費は1ヶ月で6万程の食事が、始めてからは2万円以内で収まるようになったそうです。

1ヶ月で4万円の節約をすることができ、一年間続けると48万円浮かせる事が出来たとのこと。

 

その生活かなりきつかったのでは?と思われがちですが、C子は「常に自分の好きな物を食べれて幸せだった」と言っています。

そこから彼女は結婚し、一人暮らしの頃に培った経験を活かして、節約料理を日々作っているんだとか。
C子いわく、「休みの日にまとめて作り置きしておくだけで簡単。続けやすいので是非オススメ!」だそうです。

たしかに月4万円も浮かせることができるのは大きいですよね。

私もその話を聞いて、花嫁就業がてら始めてみようかなと思いました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。