貯金

節約をしようと想っても中々出来ず、すぐ嫌になる人におすすめの節約術。

節約術節約と言えば、まず家計簿をつけて出費の見直しと考える人が多いと思います。

私も家計簿つけたらと考え、やったのですが、私の中ではやっただけで節約にはならず、2~3ヵ月ぐらいでやめました。家計簿はマメじゃないとできないです。2~3カ月続いただけでもすごいです。けど、つけるだけで節約の行動への気力がわかないんですよね。もともとずぼらなのもあって。。。

そこで、家計簿を辞めて固定費で少しでも安くなるものがあれば変えることにしました。

まず見直したのが携帯代で、1万円近くもしており、元々大手会社は高いので、まだ主流ではないですが、格安SIMに替えて何と月々、5千円ぐらいになりました。これだけで5千円の節約になりました。

友達とお出かけした時は昼・夕食と外食して帰る事が多かったので、それを全くではないのですが、回数を減らして極力お家で食べる様にしました。

例えば、お昼だけ外食で夕食は家でとか、お昼から出かけて夕食だけにするなど0には付き合いもあってなかなかできないのですが、回数を減らすようにしました。これだけで1カ月6千円近い節約です。

あと、整理整頓がなってなかったので、部屋を片付ける事にしました。

片づけると必要か、必要じゃない物かが分かって無駄が少しは減りました。

洗剤とか一杯あるのに良く買ってました。片づけるとストックの把握ができ、無駄な買い物は減りました。

そして、使わない物はリサイクルショップ等に出して押入れをスッキリさせました。すると物欲も減り少しは浪費も減って来ました。

昼食を外食から弁当にして貯金

お弁当昼食は、いつも職場内の食堂かコンビニ食でした。毎月8,000円近い出費でした。

このままでは、お金がたまらないと思い、節約として毎日のお弁当作りと水筒持参を始めました。

お弁当の中身は前日の残り物です。残り物が少ないときは冷凍食品を入れています。

お弁当作りに要する時間は10分ほどです。残り物が無いときはおにぎりを握って持って行きます。手の込んだお弁当には程遠いですが、自分の節約のためと割り切って作っています。

毎日のお弁当と水筒を持参することで、今まで毎月8,000円ほどかかっていた昼食代が浮いて貯蓄に回っています。

その分食費がかさむのかと懸念もありましたが、自炊の頻度が増えただけで材料費など食材にかかる費用はあまり上がっていません。自炊が節約に繋がるというお話は嘘じゃないと思いました。これからもお弁当作りを続けていきたいと思います。

500円玉貯金の喜び

500円玉貯金500円とあなどってはいけません。

それは、始めは、500円からスタートしますが、500円は20枚で1万円に化けるのです。

と、言う事は。40枚で2万円、もっと言えば、200枚集めると10万円なのです!!
素敵です。

200枚というと、気が遠くなりそうですよね?これが、少しの心がけで案外、ザクザク貯まるんですよ。それが500円玉貯金の楽しいところです。

私は、今、買い物する時には、あえて500円のお釣が出るよう払いますし、貯金箱に入れてしまったお金は、無いものとしてカウントしますで、余計に貯まった時の喜びが大きいのです。

先日、テレビを見ていると、あるタレントさんが、500円貯金をしていて、それがだいぶ、重いらしく、それを抱っこしながら飲むのが好きだ、と言っていました。

とてもよく分かります。ある程度の時間をかけて少しずつ重くなっていった貯金箱は、可愛くて可愛くてしょうがないのです。と、だいぶ、、怪しい文章になってきましたが。(笑)

とにかく、500円貯金なら、無理なく続けることができますので、かなりオススメの方法です。